賃貸オフィスってどうなの?知っておきたいメリットとデメリット


賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスの最も大きなメリット、それは少ない資金でオフィスが構えられるということです。自社の持ちビルを建てるとなると、非常に高額な資金が必要になります。また、それらを維持していく費用もかかり続けます。しかし、賃貸オフィスなら初期費用と毎月の家賃、賃貸ビルの入居者で案分した必要経費などを支払えばOK。自社のビルを建てるよりもはるかに安い金額でオフィスがもてるのです。

また、事業の規模に合わせてオフィスを変えやすいことも賃貸オフィスのメリットと言えます。事業が大きくなって人員が増え、オフィスが手狭になってしまった場合、自社ビルはさらに高額をかけて増改築を行ったり、ビル内のスペースを工夫するしか方法はないでしょう。しかし、賃貸オフィスなら、事業の規模に見合った新しいオフィスに引っ越すという方法がとれます。ほかには、有名企業が多く入居しているビルにオフィスを置くことで、自社もイメージをアップさせられるというメリットなどもあります。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスのデメリットは、何年入居し家賃を払い続けても、自社の持ち物にはならないという点です。賃貸オフィスを借り続ける年数や、家賃などによっては、あまりコスパが良いとは言えない場合もあります。また、賃貸オフィスには管理会社の許可がないとできないことも多くあります。例えば、オフィス内の大規模な改装などは許可されない場合もあります。自社ビルに比べて、入居者の裁量でできることが制限されていることは、デメリットと言えるでしょう。

中央区で賃貸オフィスを契約する重要事項は契約形態です。きめ細かい支払いプランがあるかどうかが重要です。