日本の住宅には欠かせない!断熱の方法をチェック


主流の内断熱工法の特徴とは

夏は35度以上の真夏日になり、冬場も10度以下の気温になる地域が多い日本、快適なマイホームを作るには外気温の影響を最小限に抑える為に、断熱することが欠かせません。日本の注文住宅で一般的に取り入れられている方法は、内断熱工法という種類です。内断熱工法とは構造部の間に、グラスウールなどの断熱材を埋め込みます。内断熱工法の場合、施工コストが安いというのが魅力です。ほとんどの業者で取り入られている断熱工法なので、施工コストが安くなる傾向にあるようです。また、一定の広さであればエアコンを使用して、室内を適温にキープできるというのも内断熱工法のメリットと言われています。

外断熱工法のメリットを知ろう

外断熱工法はあまり聞きなれない断熱工法かもしれません。外断熱工法は構造体の外側にパネルタイプなどの断熱材を入れて、構造体の外側全体を覆うことで外気温の影響を最小限に抑えるという断熱方法です。外装材のすぐ内側に有効な断熱層が作られるため、外気温の影響を受け難いというメリットがあります。また、冬場の結露が起きにくいというのも外断熱工法の特徴です。内断熱工法ではできない、コンクリート打放し仕上げといった、構造部が出ているデザインにすることも可能です。ただし、内断熱工法と比較するとコストは高くなる傾向にあります。どちらの断熱工法が良いのかは、住宅の工法などによっても変わってきます。デザインや間取り、工法だけでなく断熱工法にも目を向けることが、失敗しない家作りに繋がるでしょう。

ある程度のお金を貯めたので、愛知の注文住宅を検討する場合は、まず愛知県内の住宅展示場に足を運んで理想の注文住宅像を決めることです。