どんな違いがあるの?北海道の物件の特徴とは


北海道の賃貸の特徴とは

北海道は本州とは異なる独特な気候です。そのため、本州とは賃貸住宅の条件も異なってきます。賃貸住宅の事情も違ってくるため、北海道の賃貸住宅の特徴を知っておくと北海道で家を借りる時に便利になります。
北海道の賃貸住宅はバルコニーがないのが基本です。訳あり物件というわけではなく、どんな物件でもバルコニーはないのです。雪が降ると外干しができないため、洗濯物は部屋干しが当たり前となっています。そのため夏でも部屋干しをすることが多いのです。
また、ガス代は物件によって大きく異なります。電気ストーブだけでは冬が越せないため、灯油ストーブかガスストーブが標準装備となっています。ガス会社にも注意して物件を選ぶことがオススメです。

北海道での賃貸の選び方

北海道は、雪国ですので賃貸住宅を借りる際には雪を考慮して選ぶことが基本となります。
どのエリアでも賃貸住宅を借りる際には、家の周りの道幅をチェックします。自分が住んでいる賃貸住宅の周りが細い道だけだと、除雪されていないケースがよくあります。冬場は、道の除雪や車の雪下ろしなどで時間を取られる可能性もあるため、除雪車の頻度はどれくらいかなどをチェックしてから選ぶことが大切です。
また、駅から徒歩15分の場所であっても、冬場は徒歩だと20~25分ほどかかることもあります。利便性を考えれば駅から徒歩10分以内の物件を選べば便利になります。
車を持っている場合には、ロードヒーティングが入っているかも重要です。

江別の賃貸物件は賃料が安いです。その理由は地価が比較的安いからです。賃料が安いことで学生にも借りやすい地域と言えます。