賃貸オフィスのメリットやデメリットって何?


賃貸オフィスのメリットは?

賃貸オフィスのメリットとしてまず挙げられるのが、初期費用を抑えられる点です。特に初めての起業の場合、事務用品やOA機器などの備品を新たに購入したり、自社ホームページや名刺の作成といった広告宣伝費など、多くの出費が発生します。

そのため、経費を抑えられる部分は抑えるといった工夫が必要です。特にオフィスについては購入すると多大な費用が掛かるので、賃貸オフィスを利用することで初期費用を抑えられます。さらに、自社ビルなどと比べると会社の成長に合わせて移転や拡張を容易に検討することが出来ます。

また、オフィスビルなどに入居すると管理自体はオーナーや管理会社が行ってくれることが多いので、そこに掛かるはずの時間を自分達の業務にまわせます。さらに、老朽化などがあっても建物自体のメンテナンスは貸し手側が行ってくれるので、メンテナンス費用も掛かりません。他にも、賃貸オフィスは自由にレイアウトが考えられるので、自社の特徴を出したオリジナリティ溢れるオフィスにすることも可能です。

賃貸オフィスのデメリットは?

賃貸オフィスのデメリットは、そこのオフィスを借りている限り毎月賃料が発生するということです。そのため、業績が傾いた時には賃料が負担になる場合もあります。さらに、あくまでも借りているものなので、オフィスが自社の資産になることはありません。また、インフレやオーナーの都合などで賃料が上がったり、更新の際に賃料の値上げを持ち掛けられることもあります。

業績が好調で従業員が増えて大きなオフィスが必要になった時には、移転のたびに諸経費が発生し、新たな物件探しや引越しなどの手間も掛かってしまいます。

港区にはお台場や東京タワーなど沢山の観光名所があります。港区で賃貸事務所を探せば魅力的な場所が見つかるかもしれません。