ガス代金を気にしなくて良くなるのがオール電化の魅力


ガス代金より電気代が安いことも

日本人が毎日生活をする上で欠かせないものがお風呂ですが、そのお風呂のお湯を沸かすためにも電気やガスを使います。ガスを使う場合は都市ガスやプロパンガスという2つの選択肢がありますが後者のプロパンガスは、ガス代金が非常に高かったりします。そこで、便利になってくるのがオール電化です。オール電化にすれば給湯も電気の力によって行うことが出来るので、毎月の光熱費を抑えらる事も可能です。また、オール電化住宅は震災などにも強く、大地震でガスが止まってしまったときにも、電気があればお湯を沸かす事が出来ます。ガス代金をなくして、その分を安い電気で補いたいという方はオール電化にしましょう。

その他のオール電化のメリット

オール電化にすると毎月のガス代金をなくして、電気で補えるだけではなく、ガス会社とも契約をしなくて良くなるので光熱費の把握が楽になります。電気とガスを両方契約している場合だと、毎月電気代がいくら掛かるのかということに加え、ガス代金も気にしなくてはいけません。しかし、オール電化にすれば毎月の光熱費の請求は電気会社からの請求一つで済んだりします。電気代だけ見ておけば、毎月どの程度光熱費がかかっているか分かるので把握も簡単にできます。その他には、IHクッキングヒーターなどの電化製品を利用すれば、火を使わなくてすむので火災を起こしにくく出来ます。ガスコンロは火を扱うので、キッチン周りに燃えやすいものがあると、コンロから上がった火が引火しやすいですが、IHクッキングヒーターをその点は比較的安全です。

中核都市として発展する千歳の賃貸物件を選ぶと、北海道の空の玄関口と言われる空港で観光を楽しむことができます。